NUMECA Japan Conference 2019
プログラム

会場:ホテル雅叙園東京 3F シリウス

≫ NUMECA Japan Conference 2019トップページ

※各講演タイトルをマウスオーバーすると、概要が表示されます。
※尚、プログラムは都合により変更する場合がございますのでご了承ください。

1日目:6月4日(火) 10:30~ (受付時間 10:00~)

10:30 – 10:35

開会のご挨拶
NUMECAジャパン株式会社 代表取締役 岡 新一

10:35 – 11:15

Introduction

High-Fidelity Simulations for next generation of CFD methodologies

NUMECA International President Charles Hirsch(逐次通訳)

11:15 – 11:55

Introduction

NUMECA Recent Developments, the new multiphysics OMNIS™ environment - Breadth of Technology

NUMECA International General Manager Marc Tombroff(逐次通訳)
11:55 – 12:05 休憩

12:05 – 12:35

New Product

OMNIS™ LB - OMNIS™ MPacts: Two meshless unsteady flow solvers for complex physics

NUMECA International Product Manager Yannick Baux
12:35 – 13:45 昼休憩 (ホテル内レストランで利用できるランチ券を配布いたします)

13:45 – 14:15

Turbomachinery

Turbomachinery design, analysis, and optimization in OMNIS™ applied to the full-engine simulation

NUMECA International Product Manager Yannick Baux

14:15 – 14:40

Turbomachinery

Hondaターボ機械における適用事例の歩み

株式会社本田技術研究所 エアロエンジンセンター 久野 直樹 様

14:40 – 15:05

Turbomachinery

航空エンジンの高精度性能予測に向けたAutoGrid5™の活用

株式会社IHI 航空・宇宙・防衛事業領域 後藤 尚志 様
15:05 – 15:15 休憩

15:15 – 15:40

Turbomachinery

ガスタービン開発におけるFINE™/Turboの活用事例

川崎重工業株式会社 航空宇宙システムカンパニー 酒井 祐輔 様

15:40 – 16:10

Turbomachinery

空力設計問題における大域的最適化法の活用

首都大学東京 准教授 金崎 雅博 様
16:10 – 16:30 休憩

16:30 – 17:00

Multiphysics & Unstructured Mesh

NUMECA solutions for fast and highly automated unstructured meshes

NUMECA International Product Manager Benoit Mallol

17:00 – 17:25

Multiphysics & Unstructured Mesh

自動車開発におけるHEXPRESS™/Hybridの冷却耐熱分野への活用

株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター 川村 哲裕 様

17:25 – 17:55

Multiphysics & Unstructured Mesh

医学と産業分野における流体解析の活用と課題

帝京大学 教授 田沼 唯士 様
17:55 – 18:05 休憩

18:05 – 20:05

懇親会

2日目:6月5日(水) 9:30~ (受付時間 9:00~)

9:30 – 10:00

Multiphysics & Unstructured Mesh

NUMECA multiphysics and multi-fidelity solutions for the automotive industry

NUMECA International Product Manager Yannick Baux

10:00 – 10:30

High-Order Method

High Order methods and the challenges of turbulence modeling: The HiFi-TURB EU Project
NUMECA International President Charles Hirsch

10:30 – 11:00

High-Order Method

航空宇宙CFDのための高次精度非構造格子法の開発と利用

宇宙航空研究開発機構 研究開発員 芳賀 臣紀 様
11:00 – 11:10 休憩

11:10 – 11:40

Turbomachinery

遠心圧縮機に発生する旋回失速の数値解析

早稲田大学 講師 藤澤 信道 様

11:40 – 12:10

Turbomachinery

タービン段における非定常流れ場解析(NUMECA FINE™/Turboを利用した計算例等の紹介)

岩手大学 教授 船崎 健一 様
12:10 – 13:20 昼休憩 (ホテル内レストランで利用できるランチ券を配布いたします)

13:20 – 13:50

Marine

NUMECA solutions for advanced marine simulations

NUMECA International Product Manager Benoit Mallol

13:50 – 14:15

Marine

FINE™/Marine適用事例のご紹介

今治造船株式会社 宮部 崇史 様

14:15 – 14:40

Marine

ヨットデザイン及び商船船型開発におけるFINE™/Marineの適用例

有限会社エイ・シー・ティー 代表取締役 金井 亮浩 様
14:40 – 15:00 休憩

15:00 – 15:30

Turbo Design & Optimization

OMNIS™/Agileを使用した軸流圧縮機設計

Concepts NREC Senior Software Engineer Felipe Favaretto 様

15:30 – 16:00

Turbo Design & Optimization

NUMECA最適化ソリューションとインテグレーションのご紹介

NUMECAジャパン株式会社 技術部 清水 宏純

16:00 – 16:15

Cloud

NUMECA-CloudPowerによる柔軟な解析環境の構築

NUMECAジャパン株式会社 技術部 和田 耕一

16:15 – 16:20

閉会のご挨拶
NUMECAジャパン株式会社 セールス&マーケティング部 新倉 寿夫
講演時間 10:35 – 11:15
講演タイトル High-Fidelity Simulations for next generation of CFD methodologies
講演者 NUMECA International President Charles Hirsch(逐次通訳)
講演概要 With the growing industrial requirements towards simulation based design procedures, high-fidelity simulations and methodologies are needed to minimize the risks associated with this decision process. The road towards more reliability of the whole design process addresses all simulation components, from geometry modelling, covered by CAD definitions and mesh generation, to the issues related to the accuracy of the numerical and physical modelling, up to the management of all potential uncertainties.
講演時間 11:15 – 11:55
講演タイトル NUMECA Recent Developments, the new multiphysics OMNIS™ environment - Breadth of Technology
講演者 NUMECA International General Manager Marc Tombroff(逐次通訳)
講演概要 Designers, scientists or engineers from large and medium size companies are often using a large number of CAE codes and tools with different GUI’s, model set-up and formats, each of them focusing on their specific discipline, with no or poor connection. NUMECA introduced OMNIS™ to address these requirements. OMNIS™ enables users to run a full analysis (RANS, URANS, LES, LB, DEM, CAA or CSM) and optimization chain from preliminary to full 3D design, including robust optimization taking into account uncertainties under which the product operates. Users can encapsulate their own proprietary or vendor codes in OMNIS™ with its plugin approach.
講演時間 12:05 – 12:35
講演タイトル OMNIS™ LB - OMNIS™ MPacts: Two meshless unsteady flow solvers for complex physics
講演者 NUMECA International Product Manager Yannick Baux
講演概要 While computational fluid dynamics is widely used in the industry to predict flows behavior, yet, some applications remain out of reach with conventional finite volume approaches. The main difficulty often lies in the generation of a body fitted mesh that must capture a “clean” geometry at each time step. For complex geometries, such as a full car, this step can require weeks of effort. When objects are moving, such as grains mixers, re-meshing at each time step considerably slows down the simulation. It is even impossible to mesh moving parts in contact without simplification, such as gearboxes or bearings. For these applications, NUMECA extends its offer with two new meshless unsteady flow solvers for complex physics: OMNIS™ LB and OMNIS™ MPacts, respectively based on Lattice-Boltzmann Method and Discrete Element Method.
講演時間 13:45 – 14:15
講演タイトル Turbomachinery design, analysis, and optimization in OMNIS™ applied to the full-engine simulation
講演者 NUMECA International Product Manager Yannick Baux
講演概要 The development of better aircraft engines requires new CFD techniques and tools. The designers’ workflow of tomorrow involves coupling different fidelity levels, from 1D to hi-fi 3D simulations, back-and-forth through the design cycle. Turbomachinery designers must also widen their scope, from a component-level approach, where compressor, combustor, and turbine are analyzed separately, to a full-system simulation. It implies coupling multiple physics and different numerical models to accurately reproduce the unsteady component-to-component interactions. One step ahead in the future, NUMECA has built a demonstrator case leveraging the power and flexibility of its next-gen CAE environment OMNIS™.
講演時間 14:15 – 14:40
講演タイトル Hondaターボ機械における適用事例の歩み
講演者 株式会社本田技術研究所 エアロエンジンセンター 久野 直樹 様
講演概要 年代順に抜粋した適用事例を紹介
  1. 小型発電機用ラジアルタービン(NUMECA本社のユーザー会 Oct.2000)
  2. HPTタービンノズル解析(AIAA Journal of propulsion and power Vol.20,No.3, 2004)
  3. HF120(HondaJetのエンジン)関連のcavityのファン性能への影響
  4. ファンとboosterのバイパスダクト付解析
  5. インペラとパイプディフューザのNLH解析
  6. 遠心圧縮機のパイプディフューザの解析
  7. ターボチャージャーのラジアルタービン(第44回GTSJ講演会A-7,2016.10)
講演時間 14:40 – 15:05
講演タイトル 航空エンジンの高精度性能予測に向けたAutoGrid5™の活用
講演者 株式会社IHI 航空・宇宙・防衛事業領域 後藤 尚志 様
講演概要 航空エンジンで利用されるガスタービンの設計開発では,短いTATで高品質な設計解析することが求められています。数値解析の予測精度を向上させるためには,ソルバーの改良だけではなく,より詳細なモデルの作成が必要となりますが,そのモデル作成に時間がかかり課題でした。ここでは,詳細なモデル作成の時間を短縮するためにAutoGrid5™を活用した事例についてご紹介します。
講演時間 15:15 – 15:40
講演タイトル ガスタービン開発におけるFINE™/Turboの活用事例
講演者 川崎重工業株式会社 航空宇宙システムカンパニー 酒井 祐輔 様
講演概要 当社では発電用途に使用される産業用の中小型ガスタービンを自社開発しており、ターボ機械の主要要素である圧縮機、タービンの空力設計ツールの一つとしてFINE™/Turboを長年使用している。 本発表では、各種エンジン開発におけるFINE™/Turboの活用事例として、圧縮機、タービンの多段解析や前後の複雑構造体を含むディフューザーなどの解析事例を紹介する。
講演時間 15:40 – 16:10
講演タイトル 空力設計問題における大域的最適化法の活用
講演者 首都大学東京 准教授 金崎 雅博 様
講演概要 空力設計問題では,複雑な現象を取り扱うことが多いだけではなく,一般的に計算による評価は高コストとなります.また,空力に限らず実際の工学問題では,最適な設計点はひとつであるとは限らないので,大域的な設計が必要となります.さらに,コストをかけて評価した結果を最適解を求める経路に使うだけでなく,そこに最適解に行きつくための知見が包含されていると考えることが,特に革新的なものづくりを考える設計の上流では必要です.本講演では,そうしたことを念頭に,進化計算や近似モデルに基づく最適化法について概説し,実際の航空宇宙空力設計問題への適用例の紹介をいたします.
講演時間 16:30 – 17:00
講演タイトル NUMECA solutions for fast and highly automated unstructured meshes
講演者 NUMECA International Product Manager Benoit Mallol
講演概要 Several markets like the automotive, aerospace and maritime industries, among others, are continuously challenging mesh generators to create high quality meshes as fast as possible, on geometries more and more realistic and so complex. Thousands of surfaces, sometimes unclean, can contain sharp angles and narrow gaps but still have to be treated rapidly and refined in an automated manner, getting rid of the possible holes at the same time. High quality meshes cannot be done putting aside the number of cells which should stay reasonably low to allow fast simulations. All these features are progressively integrated into a parallel distributed version that will boost the process of all CFD users.
講演時間 17:00 – 17:25
講演タイトル 自動車開発におけるHEXPRESS™/Hybridの冷却耐熱分野への活用
講演者 株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター 川村 哲裕 様
講演概要 自動車開発におけるCFDの適用は、エクステリアやエンジンルームなど複雑かつ詳細な形状に対してメッシュを作成する必要があります。HEXPRESS™/Hybridでは車体全体を大規模かつ自動でメッシュ作成できることにより適用が大きく進みました。今回はを用いて空力、環境性能領域での活用と開発にどのように使用しているのか、また、これからの取り組み内容にについて紹介いたします。
講演時間 17:25 – 17:55
講演タイトル 医学と産業分野における流体解析の活用と課題
講演者 帝京大学 教授 田沼 唯士 様
講演概要 医学・歯学分野における外科手術に際して、事前に最適な手術方法を検討するために流体及び構造力学シミュレーション活用の要請が増えています。耳鼻咽喉科及び口腔外科の医師との共同研究で呼吸時の鼻腔・口腔・咽頭の気流解析を行っており、FINE™/Openを用いた解析結果と医療への適用状況を紹介します。また、部分負荷時のタービン動翼に加わる流体力の予測のために、FINE™/Turboを用いた大規模非定常流体解析を進めており、成果の一部と今後の課題を紹介します。
講演時間 9:30 – 10:00
講演タイトル NUMECA multiphysics and multi-fidelity solutions for the automotive industry
講演者 NUMECA International Product Manager Yannick Baux
講演概要 While automotive OEMs and suppliers cannot do without CFD nowadays, its applications in the automotive industry are as numerous as are the codes available for the purpose. They range from system level (e.g., exterior aerodynamics) to component level (e.g., disk brake cooling). The physics involved also cover a wide range of flow regimes and phenomena. With OMNIS™, NUMECA offers now a single multiphysics and multi-fidelity environment to design and analyze all types of applications, including vehicle external aerodynamics and acoustics, thermal management, engine combustion, gearbox systems, turbochargers.
講演時間 10:30 – 11:00
講演タイトル 航空宇宙CFDのための高次精度非構造格子法の開発と利用
講演者 宇宙航空研究開発機構 研究開発員 芳賀 臣紀 様
講演概要 圧縮性流れのラージエディシミュレーション(LES)を工学設計ツールとしてより使いやすくするためには、高い解像度に加えて形状適合性が高く、次世代の計算機環境で高い並列性および演算性能を発揮できるソルバーが必要です。JAXAでは高次精度の非構造格子法として知られるFlux Reconstruction(FR)法をベースに流体解析ソルバーLS-FLOW-HOを開発しています。従来の数値不安定の問題を克服する新手法について概説し、超音速ジェットおよび航空機高揚力装置翼型の空力音響解析への適用例を紹介します。
講演時間 11:10 – 11:40
講演タイトル 遠心圧縮機に発生する旋回失速の数値解析
講演者 早稲田大学 講師 藤澤 信道 様
講演概要 過給機やエンジンの高性能化に対し,主要構成要素である遠心圧縮機において旋回失速突入を抑制し安定運転範囲を拡大することは,主要な課題の一つである.そこで,遠心圧縮機内部流れの非定常数値解析を実施し,サージ点近傍で発生する旋回失速と不安定現象の発生機構の解明を試みた.本発表では,解析の結果得られた旋回失速内部の複雑な渦挙動を可視化し,明らかにした失速セルの拡大過程および旋回構造について示す.
講演時間 11:40 – 12:10
講演タイトル タービン段における非定常流れ場解析(NUMECA FINE™/Turboを利用した計算例等の紹介)
講演者 岩手大学 教授 船崎 健一 様
講演概要 岩手大学では、翼列試験機や回転試験機を用いた実験的研究とともに、汎用コード、自作コードを用いた大規模流れ解析を駆使して、航空エンジン用低圧タービンの高効率化、軽量化に取り組んでいる。今回の講演では、主として単段回転試験機内での流れを、FINE™/Turbo、特にそのNLHの機能などを用いた非定常解析の結果を、実験結果との比較を交えながら紹介する。
講演時間 13:20 – 13:50
講演タイトル NUMECA solutions for advanced marine simulations
講演者 NUMECA International Product Manager Benoit Mallol
講演概要 CFD simulations progressively replaces towing tanks tests since they give the opportunity to predict the ship behavior at full scale. This real life condition is essential for the designers and so for the shipyards, if they want to reduce fuel consumption but also improve passenger comfort or reduce the risk for any damage at any sea state. As a result, resistance, seakeeping, maneuvering and propulsion are continuously improved in our FINE™/Marine software together with an unbeatable user-friendliness and high degree of automation gathering all the feedback from hundreds of users, reaching the objective to make all these simulations as easy as possible.
講演時間 13:50 – 14:15
講演タイトル FINE™/Marine適用事例のご紹介
講演者 今治造船株式会社 宮部 崇史 様
講演概要 近年、船舶においても温室効果ガス(GHG)排出の規制が強化されており、平水中の船体抵抗削減だけではなく、Energy Saving Device(ESD)開発や風圧抵抗・波浪中の抵抗の低減などによる性能改善が必要となっている。このような開発・検討の初期段階ではCFDが有効であることから、当社では船舶に特化した高精度な流体解析統合ソフトであるFINE™/Marineを用いて検討を行っている。本講演ではそれらにおけるFINE™/Marineの適用事例について紹介する。
講演時間 14:15 – 14:40
講演タイトル ヨットデザイン及び商船船型開発におけるFINE™/Marineの適用例
講演者 有限会社エイ・シー・ティー 代表取締役 金井 亮浩 様
講演概要 ヨットレースにおいて、勝敗の優劣は競技者の力量によるところが大きいが、艇の性能によっても大きな違いが出てくるため、デザイナーは最先端の技術力を駆使して設計を行っている。その中でもCFDの活用は必要不可欠であり、様々な状況のシミュレーションを設計に利用している。また、商船では燃費改善がルールにより要求されているため、船型開発や新しいアイデアの開発にCFDが利用されている。これらのACTでのFINE™/Marineの適用例を紹介する。
講演時間 15:00 – 15:30
講演タイトル OMNIS™/Agileを使用した軸流圧縮機設計
講演者 Concepts NREC Senior Software Engineer Felipe Favaretto 様
講演概要 軸流圧縮機設計プロセスを、新しく開発されたOMNIS™/ Agileソフトウェアを用いた実演でお見せします。 Concepts NREC のミーンラインソルバー(AXIAL™)と三次元形状設計ソフト(AxCent®)と結びついた直感的なユーザーインターフェイスが体感できます。ミーンライン設計は三次元設計に変更が加えられた際には自動更新されます。逆も同じです。これにより、スロート面積、 半径 、翼弦長等の主要設計パラメータの一貫性を確実にします。
講演時間 15:30 – 16:00
講演タイトル NUMECA最適化ソリューションとインテグレーションのご紹介
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 清水 宏純
講演概要 弊社最適化ソリューションは、複数のアプリケーションに応じた複数の手法を提案しております。
本日は、弊社の最適化ソリューション概要を事例交えてご紹介させていただきます。
講演時間 16:00 – 16:15
講演タイトル NUMECA-CloudPowerによる柔軟な解析環境の構築
講演者 NUMECAジャパン株式会社 技術部 和田 耕一
講演概要 近年、解析需要の増大により計算機およびストレージの管理が課題となっています。
その課題に対する回答として弊社が新規にリリース致します「NUMECA-CloudPower」の利点と仕組みついてご紹介致します。